富士化工株式会社に寄せられるよくある質問を、Q&A 形式にしてまとめました。
こちらに記載がないことでご質問などがありましたら、富士化工株式会社までお気軽にお問い合わせください。

ご質問と回答

q1御社で駆除が可能なねずみ・害虫を教えてください。
a1当社ではねずみをはじめ、トコジラミ(南京虫)やシロアリ、ゴキブリ、ハトなど、多種多様なねずみ・害虫駆除を行っております。関西エリアでねずみ・害虫駆除でお困りの企業様や店舗様は、幅広く駆除している当社にお任せください。
q2ねずみ駆除は発生したねずみを駆除するだけのように見えますが、御社の考えるねずみ駆除とは何でしょうか?
a2富士化工株式会社の行うねずみ駆除は、現在発生しているねずみを駆除して終わりではありません。駆除した後でもねずみが居つかない環境創りと維持までが、当社の考えるねずみ駆除です。「これまで駆除してもらっても、すぐにまたねずみが発生してしまって…」という方は、ぜひ当社にご依頼ください。
詳しくはねずみ駆除
q3トコジラミって聞き慣れないのですが、珍しい虫ですか?
a3通称南京虫ともよばれるトコジラミは、数10年前に終息していますが近年急速に増えてきた虫です。咬まれると強いかゆみが生じます。しかも繁殖力が高いため、見つけたら一刻も早く駆除しましょう。
詳しくはトコジラミ(南京虫)駆除
q4シロアリ駆除にはどういった方法があるのですか?
a4大きく分けて2通りあります。
ひとつは、バリア工法といって、一般的に広く知られている薬剤を使った駆除方法です。もうひとつはベイト工法といって、シロアリの駆除剤を混入した餌(ベイト剤)をシロアリに摂食させて、シロアリの集団を死滅させるシステムです。当社では、シロアリの種類や発生場所などを踏まえ、適切な駆除方法を採用しております。
q5ゴキブリを放置するのは、やはりよくないですよね…。
a5まず、病気の発生といった衛生面での悪影響は不可避でしょう。また、「ゴキブリがいる」といった風評被害がもたらす経済的損失も予測できます。こういった点からも、ゴキブリは発見次第、迅速に駆除することをおすすめしています。
q6セアカゴケグモが病院の外壁にへばりついていました。駆除をお願いしたら対応してもらえますか?
a5もちろん対応可能です。
セアカゴケグモは非常に強い毒性を持ち、背中に赤色の模様のあるのが特徴です。主に、ブロック塀の隙間や道路の側溝蓋の裏などから発見されています。セアカゴケグモを発見したら、何もせずすぐに当社にご連絡ください。迅速に対応いたします。
q7ハトの場合はどういった方法で作業を行っているのですか?
a5被害状況や対策の目的、方法の3つの観点からハトの飛来、営巣防止計画を立てご提案いたします。
それに基づいた作業を行い再度ハトが住みつかないように作業を行っております。
q8ねずみやハトといった死骸が残るようなことはありませんか?
a5当社では毒エサなど、一瞬にしてねずみ等を一網打尽にする方法での駆除は行っておりません。施設や建物を利用する人のことを考え、人体への危険もなく、最も安全で確実な方法を採用していますのでご安心ください。
q9どうしても旅館を閉めることができません。営業しても大丈夫でしょうか?
a5施工中も普段通りに営業していただいて問題ありません。ただし、ご利用のお客様や従業員の方によっては、散布した薬剤やねずみ・害虫の独特な臭いが気になる方もいらっしゃるかもしれません。可能であれば、旅館様の休業日に合わせてご依頼いただいた方が確実です。
q10なぜ、こちらのサイトでは料金が明記されていないのでしょうか。
a5当社では、確実にねずみ・害虫を駆除するため、ご依頼をいただいた場合、ヒアリングと現地調査を行った上で駆除計画を立て、それに沿った駆除作業を実施しております。そうした背景から均一料金での提示ではなく、お問い合わせ時におおよそのお見積もり額をお伝えする方式を採用しているのです。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。 お見積り・お問い合わせ